201204

オープニングセレモニー、今度はバックも作っちゃう!

13.jpg

先月新宿に2号店をオープンしたばかりのオープニングセレモニー。
今度はなんとオリジナルのバックラインを8月から売り出すという。

これまでにオープニングセレモニーはいろんなコラボやイベントに取り組んでいる↓

一番認知されて人気なのは、Chloe Sevignyとのコラボライン。
chloe sevigny opening ceremony sm





そしてH&Mとの2012春夏コラボコレクション。
Opening-Ceremony-SS-2012-eve1-500x375.jpg

Reyn Spooner とのコラボ。
openingceremony





そしてこちらがオリジナルブランド、オープニングセレモニーのコレクションだ。こちらは正直周りのブランドのエキスを吸って、トレンド重視なところがあるが、負けじと大胆ではっきりとしたアイデンティティーが確立されつつある。そして今回こちらに加え、バックラインが誕生するという!8月からということでなかなか楽しそうなニュースをお知らせ。
openingceremonyresort2012-500x343.jpg

画像、動画のみ引用:
Opening Celemony
by EVE, Without Adam (ドイツ)

ロンドンストリートスナップ

ロンドンのストリートファッション。
今回のスタイルで共通しているのは、さりげなく着こなしてどこか一点は攻めているところ!ロンドンの女の子はどこか挑戦的な要素が必ず入っているのが特徴だ。

Londonstreetgrazia2
職業:アーティスト
コート:Betty Jackson 
ボトム:Jaegerのヴィンテージ 
シューズ:F-Troupe


Londonstreetgrazia4
シャツ:Jil Sander
スカート:Peter Pilotto
ブーツ:Nicholas Kirkwood


Londodnstreetgrazia1
ジャケット:Zara
刺繍トップス:Zara
パンツ:Zara
バックル:Mulberry
時計:Michael Kors
バック:Miu Miu


Londonstreetgrazia3
職業:デザイナー
トップス:Vika Gazinskaya
スカート:Vika Gazinskaya
バック:Coach
靴:Stella McCartney

記事引用元:
Style Hunter
by Grazia, (イギリス), 04/2012

ヴィクトリア、自分のブランドよりもアピールするのは

VictoriaBeckhamCover.jpg

BAZAARの5月号の表紙を飾ったVictoria Beckam。彼女はSpice girlというグループアイドルとしてデビューし、今では2011年のブリテッシュファッションアワードを獲得するファッションデザイナーになった。彼女は昔から自分のスタイルを確立していて、いわゆるコンサバで、ボディコンシャスな服を好む。足元もいつみてもハイヒールだ。

そんな彼女が何よりも尊敬するのがPradaのデザイナー、Mucha Prada。自分のブランド、Victoria Beckhamよりもあらゆる雑誌で2012S/SのPradaのスイミングスーツを着てアピールしている。これは自らのブランドよりも、彼女自身の見せ方が彼女の興味を上回ったのであろう。

ちなみに彼女はデザインするとき、自分の身体に布を巻き付け、ラインを決めていくらしい。
妊娠中はとても苦戦したという。

そんな彼女の一押しプラダ水着はこちら↓
Victoria-Beckham-UK-Harpers-Bazaar-May-2012.jpg


300312-victoria-beckham-mdn.jpg

first-look-victoria-beckham-for-harpers-bazaa-L-tK6ZYy.jpeg

Victoria-Beckham-Madame-Figaro-Magazine-Cover-1.jpg

ツイッターはもう限界?

beyoncetumblr2

beyoncetumblr3

先週、現在育児休暇中のBeyonceが個人のタンブラーページ(ブログ)を立ち上げました!どうやら夫であるJay-Zとの結婚を記念としてこのサイトを作ったという。彼との甘い生活、家族とのプライベート写真など一挙に公開。
ファンとのコミュニケーションツールとしてこんなにも有名なセレブがタンブラーを使うのは珍しいケース。ツイッターをツールに使う人も多いが、やはり一言だけつぶやくのには限界が?

やはり今後はヴィジュアルコミュニケーション!
今後、セレブの間で流行るかも?

こちらが彼女のプライベートブログ↓
http://.iam.beyonce.com

[リポート]シャネル展。カール、次は何をする?

先日、表参道エリアで開催されているシャネルの2つのイベントに行ってきました!

前回のお知らせを書いていると、だんだんとこれは行っとかないと!という気持ちになり、仕事帰りにちらっと立ち寄ってみました。



ブティックの方は水族館をイメージしたという店内、そして海の生物のような素材の洋服達、という印象。中でも一番のお気に入りは、貝殻素材のモチーフがジャケットの前開き部分、ポケット、袖裾に貼付けてあるもの。こちらはいくつもの貝をレーザーカットして組み合わせ、あるモチーフ柄を作りあげ、それをさらに8×8mmのキューブ形に切り目を入れ、着服時の動作に柔軟に対応できるといった何とも複雑で巧妙な構造でした。



あと、店員さんからブティック近くのカフェ(スタバの裏)で今回のシャネル企画に合わせたコーヒーセットがあるという情報を教えて頂きました。何やらランチョンマットとコップが今回の仕様になっているらしい。


そして表参道の反対側を歩いてプラダを右に曲がってまっすぐ行き、ようやく写真展にたどり着く‥。
目の前には大きな写真がポスターのように何枚も並んでいました。そこはまるでカメラの中にいて、ネガがたくさん引き出されているのを眺めるような感覚。残念ながら閉館10分前にいったので2階まで行けなかったのですが、十分楽しみました!



今回の展示会で多くの人が声を揃えるように、「まさか1着のジャケットでこんなにも見え方が違う!」という感覚でした。それぞれほんとにジャケット、本人の魅力を引き出していて・・・。

中でもフランス版Vogue元編集長、Carine Roitfeldに目が止まりました。
彼女はシャネルのアイコンそのもの!Coco Chanel 本人かのような風貌を出していました!それは意図してKarlが映したのか、それとも彼女の本質か!

そしてカールはなんと、今度はヘリコプターのデザインをするらしい!!
話によると彼はあるVIPの為に機体の外観だけではなく、インテリアまで手がけるという。ヘリコプターはなんと15人まで乗れるという大型!
今後、彼の洋服のデザインやコンセプトにも影響される予感。

乞うご期待。

シャネルと東京とカールラガーフェルト

211102.jpg

ーKarl Ragerfeld率いるChanelが去年震災した日本にエールをー

ファッションを通して日本を元気にしたいという彼の願いから、あらゆるシャネルの素晴らしい作品が日本に上陸しています。

まずは東京 新宿御苑でパリで行った2012春夏コレクションをそのまま日本で再現!秋冬にも関わらず、発表されたコレクションの大半はブルー。使用したブルーの色味はなんと154にもなるらしい。
そのショーの様子はこちら↓


そしてさらに、現在東京でKarlが撮影した写真の展示と水族館のようなポップアップブティックが公開中です。

マトリオシカが語るブランドのメッセージ!

94200.jpg

今回は翻訳ではなく私個人の言葉でお送りします。古い記事になりますが、とっても気になったのでご紹介!


この27体のマトリオシカ達は2008年のロシアVogue誕生10周年に豪華なブランドがお祝いとしてデザインを手がけたもの。


そして私はこれを大変興味深いモノとみている....。

というのもこの小さな人形一体に各ブランドがあらゆる方法で特徴を出し、凝縮させている。‥‥要はブランドのコンセプト、カラー、ミューズの理想像をすべてこの1体で表しているのだ。

覆い被さる服はもとより、メイクや手の様子などからも見てとれる。

例えば、Emilio Pucciは無表情な表情と冷たい肌に対比して、明るく複雑な柄と色の展開を見せている。Yves Saint Laurentなんかは提供されたマトリオシカの体系に納得できず試行錯誤のもとどうにかスマートなスタイルを提案し、ミューズのイメージを維持している。Burberryはいつものトレードマークのトレンチ。精巧なラインや手先に爪まで描くところなんかは伝統的でトラッドなイメージを確実に出している。Marc Jacobsは可愛らしさ、たった
2色の色使い、手の様子から活発で大胆なミューズ像が見える。Robert Cavalliなんかは一番わかりやすい。
こういった同じフォーマット内でデザインされ、ある程度のルールが定められていると意外と個性が飛び出し、拡散するということがわかりますね!

そんな見出したら面白いマトリオシカデザインを見解してみて下さい。

今を輝くスターデザイナーの成功の秘訣とは?

今年2月にロンドンで2012秋冬コレクションを発表を終えたジョナサンサンダーズ。このスコットランド出身の彼がどんな道筋でここまでの地位を獲得したのか、またそのデザインプロセスとは?

多くのクリエイティブ系の学生が抱くデザイナーへの夢。果たしてそこには成功の秘訣があるのでしょうか。
簡潔ではありますが、彼のアドバイスを含んだインタビューの内容をお届け!

01-170_0x440.jpg

01-1800325_0x440.jpg

02-52385_0x440.jpg

07-3196214_0x440.jpg

09-70538_0x440.jpg



人気ブロガーが憧れる暮らしとは?

5863891959_cbf8d61626_b.jpg

アメリカのオレゴン州ポートランドに住む若干20歳のブロガー、 Camille Rushanaedy。
15歳の頃から自分のスタイルや生活をアップし、彼女のセンスに引きつけられる読者が増え続けている。そして年を重ねるとともに彼女の感性にますます磨きがかかっている。

そんな彼女が自身の一人暮らしを計画して、様々なインスピレーションを紹介。


↓ 

キャットウォークヘアーに挑戦してみる

fauxbraidmain.jpg

今回の2012年秋冬コレクションで様々なヘアスタイルの提案が目立ちましたね。Pradaの動物のような2トーンストレートヘアに、Marniの巻き髪など‥‥たくさん!

そんな中私たちも真似できるようなヘアスタイルの”レシピ”をご紹介します。

その名も「魚のしっぽヘア」。こちらはL’Oréal(ロレアル)のプロフェッショナルヘアーダィレクターのBrad Ngataが作り上げたスタイルです。

ブログパーツ